小正月 さいの神

今日は1月15日。旧暦の正月に当たる小正月です。
村杉温泉集落の神社では「さいの神」が行われました。
朝から男衆が集まり準備を始めます。
この辺では「さいの神」とも呼んでいますが、子供の頃から「どんど焼き」と親しみを込めて呼ぶ人が多いです。ワラや竹で組んだやぐらのような物に火を付け、豊作や集落の無病息災を祈ります。
やり方は、その地域によってさまざまなのですが、村杉では手作りの御神体をお供えし、子孫繁栄を願って燃やすというちょっと面白いことが行われています。その甲斐あってか、村杉は本当に子供が多い!
どんど焼きの火で焼いたお餅を環翠楼のスタッフみんなで食べて一年の健康を祈りました。